2012年07月02日

20数年振りの感激

120701_2357~0001.jpg

まもなくグスコーブドリの伝記がアニメーション映画で上映されるコトを受け、久しぶりにアニメーション映画「銀河鉄道の夜」を見ました。


ああ!!もう…素敵すぎて、思い出すと興奮してしまいます。

子どもの頃に、テレビでやっていたのを見たコトを何となく覚えていたり…種山ヶ原で開催されたスターウォッチングでも上映されて見た記憶が何となくありましたが…ただひたすらに切ない印象とともに、BGMの不思議な雰囲気にのまれていた事は覚えていたのでした。

そして、銀河のお話でミルクの流れた後だとか…天球板が綺麗で欲しくなったりとか…もう断片的にしか覚えてませんでした。

しかし、改めてこの作品を見てみると、「CGのない時代に、こんなに美しくファンタスティックな背景を使っていたのか!」とか「ここでこの様な心象スケッチ!まるで子どものような仕草、間の取り方!」とか「あ〜!ここでこのBGMとは、もう…本当に素晴らしい!」という声に出さずも心の中で大興奮!!

しかし…カンパネルラとの別れが近づいてくると、それを何となく察した無邪気なジョバンニが、必死に「一緒にどこまでも行こう!」と…カンパネルラに投げかけ、カンパネルラがためらいがちに、「うん…そうだね」なんて言うあたりは…そりゃあ私は号泣です。


もう…こんな透明感と重厚感のあるファンタジー作品は、私は未だに出合えてない!

アニメーション映画を手がけたスタッフ陣も物凄い気合い入れて作ったんだろうな〜!!って勝手にひたすら興奮しています。

ヨッシャ私もやったるでー!!

モチベーションが上がってま〜す!o(^▽^)o

でも、おかげさまで現実世界でネコ見ると、ジョバンニとカンパネルラを思い出してしまう…

まだまだ影響受けやすいな…(T_T)
posted by 大和魂 at 00:33| 岩手 ☁| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

こんにちわ*
いつも楽しみにblog読んでます。

私も銀河鉄道の夜大好きです。
名作ですよね!
Posted by at 2012年07月04日 07:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。