2006年01月20日

気仙アワーの収録I

緊張した兄貴と足の痺れで落ち着かない大和魂のかみ合わない兄弟は、けっきょく最後までかみ合いませんでした。

兄貴はズーンと沈み、自分はやたら空元気。正反対です。

そんな収録が終わり、さあこれから瑞楽さんのゴチソウをゆっくり堪能するぞっ!っと思ったら・・・

スタッフの方「次のお客様が来るので早急に撤収になりま〜す!お疲れさまでした〜!」

エェ!ゴチソウを目の前にして撤収!そんなのないよ〜!(T□T)

と思いましたが、これ以上みなさんに迷惑をかけるわけにはいかなかったのでそそくさと会場をあとにしました。

会場から控え室に戻り、小林ゆり子アナウンサーがいらっしゃったので、せっかくですか記念写真を一緒に撮ってもらいました!

一枚は普通に、もう一枚は砕けた感じに写真を撮りましたが、写真を確認してみると小林アナのおきゃんな感じが出ていて、不覚ながらこの大和魂・・・胸がキュンッとなってしまいました。

さすがプロだ・・・。

sannin15.jpg
posted by 大和魂 at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ出演録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気仙アワーの収録H

start3.jpg

さて話の内容はぐっと濃くなり、なぜこのような活動をはじめたか、その活動の内容は一体どのようなモノなのかといった質問になって参りました。

台本の上では自分が言うということになっていましたが、昨夜の兄貴との打ち合わせで兄貴がG・Tテグムの会を作ったきっかけ、自分がその活動の内容を話すということで役割分担を決めました。

さあっ!頼むぜ兄貴!またうまいこと言ってまとめてくださいね〜!(^▽^;)

小林アナ「さてこのG・Tテグムの会を作ったいきさつなのですが、どのようなことがきっかけとなって会をつくられたのでしょか?」

兄「それは・・・私たちは・・・地元の良い・・・」

えっ?なんか聞こえない・・・(-。-;)

兄「つまり・・・その・・・申し訳ありません。」

エェ〜!!(゚□゚;) ちょっと待ってくれ兄貴!もしや緊張してしゃべれないの?ってかその後で俺に振られたとしても、オレってばなんもコメント考えてなかったからテキトウなこと言っちゃうぞ!いいいのかよ兄貴〜!

っという大和魂の心の叫びは兄貴には届かず、けっきょく兄貴の後で自分がテキトウなことを言いました。

あれで良かったのかな・・・。うまく編集されていればいいけど。(ーー;)

そして、一度休憩をはさんで後半の分を撮りました。休憩中に兄貴にどうしたのか聞いてみたら、カメラの横で出されているカンペが気になって、あれも言わねば、これも言わねばと思っているうちに話をふられると頭が真っ白になり、考えていたことがすべて消えてしまったんだそうで・・・。

なるほど・・・。かく言う自分も足の痺れが気になって収録中はまったく落ち着かず、どこか不審人物のようでした。(T皿T)

ああ・・・番組が放送されるときにはうまく編集されていればいいけど・・・。

どんな感じで映るのかとても心配な大和魂でした。

start6.jpg
posted by 大和魂 at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ出演録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月18日

気仙アワーの収録G

start2.jpg

菅野さんの昔あそびの話を受けて、アナウンサーの小林ゆり子さんから兄貴に「あまり私と年が変わらないG・Tテグムの会の皆さんにとって、このような昔遊びはどうでしょうか?まずはお兄さんから・・・」とのフリがきました。

兄「ええ、私が子供の頃は、ちょうどファミコンなどのゲーム機が普及しはじめていて、そのゲームに夢中になり、おっしゃられるような昔遊びをした経験はありません。ただ、川で泳いだり、自然の中で遊ぶことはよくしました。あるモノを使って遊んでいたので、自ら作って遊んだりした経験はないので、逆に今このような昔遊びはとても新鮮ですね。」

おお!ちょっと小声で聞き取りずらかったけど、とても良い回答!さすがは兄貴っ!(^▽^)

小林アナ「それでは、弟さんはどうでしょうか?」

大和魂「ええ、自分も同じように友達の家に遊びに行ってファミコンをやっていました・・・」

(あっいかん!内容が被る!)

大和魂「川で泳いだり・・・」 被った!(T△T)

そういえば・・・子供の頃、遊ぶときはほとんど兄貴と一緒だったから内容は被って当然なわけだが・・・

せっかく話をふられたのに同じようなコメントじゃ使えない!なんとか兄貴とは別の回答をしようとひねり出したコメントは・・・

大和魂「自分は野山で爆竹やモデルガンを使って戦ったり冒険ごっこをして遊んだりしていました!」

スタッフ「クスッ(笑)」

ハッ!スタッフの方々が失笑している!〔ー□ー;〕

いかん!一応オレ会長だからもっとそれなりに良いこと話さなきゃ!

大和魂「あるモノを使って遊んでいたので、自分たちで何かをつかって工夫して作ったり、自然のモノを利用したことはあまりありませんでした。ですから、とても昔遊びに興味があります。」

ふぅ〜、なんとか乗り切ったぞ!それらしいこと言えた・・・(^▽^;)

っとその時は思いました。しかし、後で考えてみると兄貴のコメントとほとんど変わっていない!ってか全然同じじゃん!(T□T)

前日、内容が被らないようにしようと兄貴と打ち合わせをしていたのですが、出だしから被ってしまった!ってか「あるモノを使って遊んでいたので、自ら作って遊んだりした経験はないので・・・」って下りのコメントは昨日の打ち合わせでオレが言ってたコメントじゃんか!(;□;)

管理人大和魂とその兄は、前日の打ち合わせの記憶がかみ合わないまま、収録はつづくのでした。

start7.jpg



posted by 大和魂 at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ出演録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気仙アワーの収録F

start1.jpg

本番が始まり、瑞楽の千葉さん、ホロタイの里の菅野さん、兄貴、大和魂、の順に紹介されていきました。

本番中はずっと正座なので、じわじわと痺れがおそってきます。

「リラックスしてください。本番は和気藹々とした雰囲気でお願いします。」というスタッフの方の声が頭をよぎりました。う〜ん、無理!(-△-;)

カメラを向けられて膝をつきながらリラックスなんてできねえっす!(T△T)

千葉さんのお話・・・菅野さんのお話・・・緊張と足の痺れが気になるのか、話をしていることは聞こえるが、内容が全然頭に入ってこない!う〜ん、テンパってる!ダメだこりゃ〜(T▽T)

そんな心持ちのまま、時間は過ぎていきました。

さて次は、いよいよ兄貴と俺がトークする順番が回ってまいります!

posted by 大和魂 at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ出演録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月17日

気仙アワーの収録E

kamera.jpg

さて、いよいよ収録も本番となってまいりました!

先ほどまでとは皆さんの表情が変わってまいりました!ピリピリとした本番の空気が周りからガンガン伝わってまいります!

すっかり他人事の心持ちになっていた大和魂も、やはり緊張してまいりました!

スタッフの方「本番・・・3・2・1・!!」

アナウンサーの小林ゆり子さん「みなさん、こんにちわ!・・・」

収録が始まりました!

スタッフの方「カット!」

「え?」(・△・;)

スタッフの方「ゆり子ちゃん、もっとパキパキしゃべって!パキパキッ!」

小林ゆり子さん「はい!」

パキパキって・・・いま聞いていたぶんでもハキハキとしゃべっていた気がするんだけど・・・やっぱりプロの耳って違うのかな・・・(-。-;)

スタッフの方「はい!じゃあもう一度、3・2・1・!!」

小林ゆり子さん「みなさん、こんにちわ!・・・

あっ!違う!(@□@;)たしかにさっきよりもパキパキしていてテンポがいい!雰囲気もグッと引き締まった感じがする!さすがプロ!プロだわ〜!声の雰囲気の違いがわかるスタッフもプロだけど、言われたとおりにすぐに出来る小林ゆり子アナウンサーもプロだわ〜(T▽T)

っと本番中にもかかわらず、大和魂はひとり感心していたのであった。
posted by 大和魂 at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ出演録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月14日

気仙アワーの収録D

image13.jpg ryouri20.jpg

image10.jpg ryouri21.jpg 

さて、すっかりと他人事の心持ちで気楽な大和魂は他人の気も知らないで収録現場にむかいました。

そして、その現場で目にしたものはなんとゴチソウ!

ガーン!しまった!ロケ弁食って腹一杯だ〜!(ー□ー;)

目の前には牡蠣と鱈の白子の鍋に毛ガニ、生牡蠣、レンコンのハサミ揚げ、イクラ飯・・・

アァ〜!こんなゴチソウがあるのならロケ弁は食べなきゃ良かった〜ッ!!(T□T)

とショックを受けつつ着座する。他の共演者の皆さんも同じ心持ちのようで、「え〜聞いてないよ〜」ってな感じでした。

まあ、今回の料理はあくまでも撮影用に用意された料理なのだそうですけどねっ。

それでも、皆さんで一緒に「瑞楽」さんの自慢の手料理に舌鼓を打ちつつ談話するってことだったので少しの間でしたがゴチソウを食べることが出来ました。

ってことで腹一杯でも食べてみると、うん・・・美味しい!鍋美味しい!三陸の冬の幸がギュッと鍋に濃縮されている!白子が口の中でトロける!牡蠣はぷりぷり!レンコンのハサミ揚げは口に入れるとシャキシャキとした歯ごたえとともに、海藻と大葉も挟んであってなんとも風味豊かで箸が進む!「う〜んマイウゥ〜!」っと別番組のコメントを自分が発しそうになったところで兄貴に止められハッと我に返る。

気がついたら撮影用だっつ〜のに目の前の料理をたいらげようとしていました。
あぶねぇ〜(-□-;)

でも、イクラ飯も食べたかったな・・・もはやこの番組が「気仙アワー」であることを忘れ「でぶや」とも「食いしん坊万歳!」ともとれるようなテンションで本番に挑んだ大和魂でだったのでした。

image23.jpg rouri16.jpg
※こちらの「民宿 瑞楽」さんで2月4日〜26日まで(土、日限定)のグリーン・ツーリズムツアーを開催しています。旬の毛ガニと早取り若芽のしゃぶしゃぶや利き酒大会!鱈の粕漬けつくり、ホタテの薫製づくり体験など美味しい体験が盛りだくさんなツアーです。本番で大和魂が食べそびれたこのゴチソウを食べれるチャンス!申込や詳しい資料などは「住田好いネット」ホームページのトップページにあるPDFファイルをご覧ください!美人でおもしろい女将さんが貴方をお待ちしています。きっと心ときめく体験があなたをまっていますよっ!(^▽^)続きを読む
posted by 大和魂 at 20:20| Comment(1) | TrackBack(0) | テレビ出演録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気仙アワーの収録C

image15.jpg

他力本願的思考回路を身につけた大和魂はすっかりリラックス。ロケ弁も食べつつ他の出演者の皆さんやテレビ岩手の偉い人、本番で番組を進行してくれるアナウンサーの小林さんと顔合わせをしました。

そして、本番前に打ち合わせや確認をしたのですが・・・

そう、もうこの時も大和魂は「いざとなったら小林さんがなんとかしてくれるっしょ、う〜ん全く問題ない!」っと他力本願!

本番前の大切な打ち合わせだっちゅうのに大和魂は気仙川に棲むイワナの種類の違いについてとうとうとローカルなトリビア話をしていたのでした。

う〜ん、小林アナウンサー申し訳ありませんでした!m(- -)m

画像ではまじめに打ち合わせしているように見えますけど、心中は他力本願!俺ってばダメだね〜(笑)
posted by 大和魂 at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ出演録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気仙アワーの収録B

image8.jpg image11.jpg

そんなテレビ岩手のハイテクトラックに気をとられつつも、中に入って撮影現場を見てみると、またもや一般的に見慣れぬ光景が目に飛び込んできました。

スタッフの皆様が、テレビカメラやモニター&ライト等様々な機材を、これから我々が座ってトークをするであろう飯台に向かって忙しそうにセッティングしていたのでありました。

それを見て自分は「ほほ〜すげぇ〜!こんなんなんだ〜っ」っとまたもや他人事のように感心したのでした。

そう、じつはこのときもう既に自分の中ではこの収録は他人事のようになっていました。

「たぶん、収録が始まれば兄貴が流れに沿って巧くやってくれるだろうっ。まっどうせ番組は30分だし、俺が下手なことしゃべってもカットされるはずだから問題ないっしょ!」(^皿^;)へへッ

っとまさに他力本願的な思考回路になりつつ出演者控え室にいき、アマタケさんからいただいた弁当(いわゆるこれがロケ弁?)をいただいたのでした。
posted by 大和魂 at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ出演録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気仙アワーの収録A

image25.jpg

そんなこんなで、不安要素を抱えたまま収録日当日がやってきました。

12時集合で、車で現場に向かったのが11時半をまわった頃・・・

自分の中では、「緊張→台本のボー読み→何回もカット→現場のテンションが下がる→番組的にマイナス→グリーン・ツーリズム的にマイナス→他の参加者のみなさんにとっても迷惑→俺達的にもマイナス→マイナスイメージからまたもや緊張・・・」といった負のサイクルイメージが車に乗っているときにあったので、ぜんぜん落ち着きがない・・・(--;)

ってか本番は台本どおりに進められるかどうかもわからない!全然ダメダメな精神状態で戦いに挑みにいったわけです。

現場についてとりあえず目に入ってきたのは「テレビ岩手」のロゴが書かれた放送機材がたくさん積まれたトラックでした。

そのトラック中をちょこっと覗かせていただいたのですが、なんか色々な機械がたくさんつまれていて、「ほほ〜この中ってこんなんなってんだ〜」とえらく感心してしまいました。
posted by 大和魂 at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ出演録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気仙アワーの収録@

image1.jpg

昨年末、気仙アワーの番組出演の依頼が来ました。

その話が来たとき、「う〜ん、出演って言ってもそれほど俺たちゃネタになるような話しがないし・・・それに立ち上げたばっかで全然軌道にも乗ってないからどうなのっ?」っと自分はまったく乗り気ではありませんでした。

しかし、兄貴は「たしかにそうだが、好いネットせっかくのチャンスだから活かすべきだ。お前も一緒に出てくれ」っと少々乗り気でした。

「う〜ん、っても俺が番組に出てなに話せばいいわけ?」っとなんとも言えない微妙な心持ちのまま日は過ぎていきました。

そうこうしているうちに気仙アワーの台本が家に送られてくる。

「おおっ!出演者にも台本があるのか〜!すげ〜!」っと多少興奮しつつ台本のページをめくってみる。

「・・・なるほど、こういう流れなのね。後で自分の言うこと考えておなきゃねっ」って思いつつも、その内容を考えはじめたのは収録日の前日の夜11時過ぎからでした。

とりあえず、質問されたときに兄貴と内容がかぶってしまったらいかんと思い、2人で打ち合わせをしました。

そして、それぞれネタを考えて読み合わせてみたところ、「(--;)ぜんぜんつまらん。これって本番だいじょうぶなの?もりあがらんぞ〜!(汗)」っと具合でした。

しかし、その時に兄貴は「まあ、テレビ収録なんて本番になってみないとわからないものだし、1時間とっても30分番組だからだいぶカットされるから大丈夫でしょう」っと気楽なものでした。

そんなこんなで、不安要素を懐に抱きつつ当日をむかえることになったのでした。
posted by 大和魂 at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ出演録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。