2008年01月18日

氷世界の快感的撃手?

本日は心意六合拳の練習でした。

練習場所はもちろん外。公園です。

住田町はだいたい‐8℃ぐらい。下手するともっと寒いかも…

でも大船渡市は‐6℃くらい?ちょこっと暖かいかも…

くらいな環境で練習に励みました。

はじめに撃手(ゲキシュ)「手を投げたすようにブンブン降って相手の手のひらと甲に自分の手のひらと甲をぶつけて鍛える練習」をしました。

正直、やろうかどうか迷いましたが…

やっちゃいました。

確実に「痛い」という事を知りながらやっちゃいました。

ペチッペチッ!バチッバチッバチッバチッ!
だんだん当たりを強くしていく。

すると、やはり私は「アデッ!イデッ!」っと弱音連発。(T皿T)

何て言うか、手のひらと手の甲の皮の表面にて小型の爆竹でも爆発している感じです。

顔も泣きっ面です(笑)
ヒーヒー言いながらやりました。(T∀T)

「手のひら裂けることってないですかね?」
「大丈夫だよ!毛細血管は多少破れるかもしんないけど…(笑)」

そんなこんな言いながらやりました。

あ〜寒い。しかし、不思議とだんだん手の方は痛みに慣れてきて、普通に当てられるようになるではありませんか!

コレは発見!(゜∇゜)

さらに、ツイフウカンゲツの練習の時もやたら足の指先が冷えたのですが、これもしっかりと地面を掴んでいない証拠。意が届いてないから冷たいんだって事のようです。

寒くなきゃ気付かなかった!(゜□゜)

イヤ〜寒ければ寒いなりに色々な事が発見出来るものなんですね!
あと、しっかりとした形でやんないと、やっぱりしっかりと力が出せない。ブレたりズレたりする。

尻の重さをしっかりと後ろ足に乗っけて座る感じでやんないとやっぱわかんないわ。

正直、状態をさらに低くして練習するとやっぱりキツいけど、ちゃんとすればちゃんとした事がわかるから、これからはちゃんと低くして練習しょっと!

練習を終えて、一息用に持ってきたペットボトルに入れてきた「水」が『氷』に変わっていた。


これも発見!いや〜経験は力!発見はときめき!感動はオマケ!ですね。

まあ、何て言うか『快感』です。(脳ミソのね。)

いや、ありがたい!次回につなげて更なる快感に向かって頑張るゾー!o(^-^)o
posted by 大和魂 at 04:02| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 心意六合拳練習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月11日

勢い余って…120回達成!

って何が120回?

っというのは何のことはない片足スクワットです。

バイトの休憩中に裏の倉庫にて黙々とスクワット。

休憩終了後、レジ打ちするときは息が上がって顔が高揚して汗だくで…非常に怪しい(笑)

どうにも体を動かす時間がそこにしか見つけることが出来ない。

だから、スクワット。

でも、ほかにもっと体の使い方がわかるようになるための鍛錬方法を考えねばな。

筋肉の緊張のしかたや、どの筋肉が使われているかなどを意識しながら練習出来る落ち着いた時間が欲しい。

あ…そういえば、最近片足スクワットやった後は背中の腰の辺りの筋肉が張っている。奇妙な感覚だ。膝や股がぱんぱんになるのはわかるけど、腰の辺りにもくるんだね。

さてさて…次は200回を目標にして、ぶれない足腰をつくろう。

posted by 大和魂 at 14:12| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 心意六合拳練習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月10日

やっと…

片足スクワットが交互だけど100回出来るようになった。

よしよし!o(^-^)o

でも腕立ては相変わらず70回でダウン(-"-;)

まあ…継続が何事も大切だよね。

あとは腹筋と背筋だな…。

それにしても、最近練習に行けてないな…。

とりあえず基本功、しっかりやっておこうっと。
posted by 大和魂 at 15:05| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 心意六合拳練習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月01日

覚え書き

【鶏腿】

鶏腿の前足は揺るぎない覇王の一歩。上体の力は抜く。力まない。

重力に抗わない。重さを感じる。骨盤をつり上げる感じ。内股は締める。前足は垂直。つま先から膝が出ないくらい。上体をねじるときは背筋力を使う。

他の余計な筋肉は使わない。

【小龍形】

十大形の龍形拳に属する。足下はダンスのステップのようだが、忍者の修行のようでもある。腕は八の時…∞のように使う。

う〜ん…この形はとっても苦手だ。師匠は簡単だから、ちょっとやったら面白い使い方教えてあげよう!って言ってくれたがとても上手くできない。

ああ…フォークダンスで女子の足を踏みまくった中学生の水色の春を思い出す。

もはやあの頃の淡い恋心はいだけまいて…。

posted by 大和魂 at 17:57| 岩手 ⛄| Comment(0) | TrackBack(0) | 心意六合拳練習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月11日

おおっと!?毎度ビックリ!

久しぶりに練習記を綴りますねぇ〜。

最近ぜんぜん練習記を書いていなかったからやめちゃったんじゃないかと思っている人もいらっしゃるかと思いますが、大丈夫ちゃんと続けていますよ!(笑)

8日は新年稽古始めだったわけです。

一応、週一回ぐらいのペースで稽古をつけてもらっていたのですが、基本的に自分で時間をつくって自分で練習するのがそもそものスタイルなわけで…なんでもかんでも教わろうってのはおかしな話ですね。ハイ。

そんなことを書きつつも、自分一人でやる練習はバイトの後に家の風呂場の鏡の前で形を作ってこうだべか?ああだべか?っと数分検討したあと腕立てを70回ぐらいやって終わっちゃいます。

ですから、新年稽古始めの鶏行歩はきつかった!足がぱんぱん!膝がガクガクいってました。

あ〜やっぱこれも毎日の積み重ねですね。功を練らねば…と痛烈に感じました。

っとその話はいいや。

それよりもビックリしたこと。

それは相手の腕をとって背中側にまわって相手の立ち位置を取る練習をやってたときのことでした。

師匠の模範動作を見て…

あ〜なんか昔学生の頃にやってた少林寺拳法の動作にも同じような動きあったな…これならすぐに出来るかなっ。

っと思って実際にやってみたところ…

「なんか足から行ってて自分の体勢が崩れているよ。それじゃ相手にすぐにふっとばされちゃうよ。」

とのご指摘。

あっ!言われてみれば体勢が崩れていて体が斜めだ。たしかにこれじゃ攻撃どころの話じゃないや!

ってことで、やり直す。しかし、何度やっても同じように体勢が崩れている。

「う〜ん。たぶん精神的なものかもしれないね。自分を中心として考えず相手に合わせているんだね。だから遠慮して自分が崩れてしまう。性格じゃない?どう今までの人生で心当たりない?」

ギクッ!(゜Д゜;)

あっ…ありゃりゃ…見抜かれてる。

「闘うコトって個と個のぶつかり合いだよ。合わせることも時には必要だけどいつも自分が崩れていちゃしょうがないんじゃない?」

ホヘ〜!おっしゃるとおりです!(TДT)

おそらくちょっとした練習だったと思うのですが…まさか自分の性格でとっても気になっているところまで見抜かれてしまうとは思いもしませんでした。

あと、ヨウサクハの基本功の練習を左の構えを中心にやっているんですが、なかなか上半身と下半身の軸がつながらない。

だから押されるとグネグネしていて使い物にならない。

何度かつながってガッチリきたこともあったんですけど、年明けてやってみたら出来ていなかった。

う〜ん…どうしたものかと思いつつ練習してたら

「逆やってみて」

って言われました。逆…ってぜんぜん練習してないよ。確実に左よりダメでしょうっと思いつつ右構えでやってみると案の定ぎくしゃくしている。

「いや〜左ばっかりで右側はぜんぜんやってなかったんですよね〜。」っと言い訳したら…

「ふ〜ん。じゃまいいや。もう一回構えてみて。」

っと言われたので、言われるままに構えてみる。そしたら師匠が押してきた。

ん?ガッチリしてる!?右腕を押している力がそのまま後ろの左足に直接伝わってくる!あれ?左構えより良い!(@_@;)

「うん。つながっているね。左の構えは動きを覚えてきたけど下半身とつながっていない。右は動きは覚えていないけど下半身とつながっている。」

「どっちにも良いところがあってどっちにも悪いところがある。一長一短だね。だから片方だけやるんじゃなくって両方やらなきゃダメなの。」

あ〜そうなんだ!なるほど!(>_<)

「しかし片方はまだマシだけど…もう片方がこれだけ悪いってそうとう珍しいね(笑)」

そっそうっすか?(^。^;)

なんか珍しいって言われると少し嬉しくなってしまう性ですが、良いことか悪いことかで言ったら悪いことなので頑張ってどっちも良くしていきたいと思います。

まっ…そんなこんなで今年もはじまりました。

ご興味のある方はご連絡ください。師匠はとっても気さくな方ですから、とりあえず見学もOKですよ〜!(^o^)/


posted by 大和魂 at 15:11| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 心意六合拳練習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月06日

道のりは長く…

最近、バイト終わりはなぜかとてもテンションが高いので、家に帰って筋トレや拳法の練習をやってます。

主な筋トレは腕立てと腹筋。

腕立てはとりあえず連続70回。

なぜ70回か?

理由→それはそれしか連続で出来ないから。最近さぼっていたからそれぐらいしか出来なくなったから。

まあ、継続してればもっと回数を増やせるでしょう。

腹筋もとりあえず70回。真っ正面30回、左右ひねりながらの腹筋が40回…。なぜソレしかやらないか?

理由→それはもちろんさぼっていたから。あと腹筋はとても飽きる。あと腰に来る。

これも継続してやるために無理な数はやらないようにします。

筋トレ終了後、風呂場で鏡見ながら鶏腿椿(ケイタイトウ)などの站椿(タントウ)を練習。

鶏腿椿(ケイタイトウ):心意六合拳固有の站椿功。

心意六合拳の勁道を養ううえで不可欠な練習。とってもツライ。

站椿(タントウ):站椿功、椿功とも言う。

ほとんどの場合は、姿勢を固定して立ち続ける練習のこと。動きながら行なうものもある。初期の段階ではまず足腰を養うが、段階が進むと内功を練る意味を含むものが多い。

ってことで、深夜2時30分頃、風呂場で鶏腿椿を全裸で鏡を見ながら練習!

なぜ全裸か?(はたから見れば変態だ(笑))そりゃ汗流したら風呂にすぐに入れるし、衣類を身につけていないから鏡で形のどこが間違っているかよくわかるので全裸なわけですよ!

鶏腿椿は鶏の漢字がついていますが、鶏のように中腰の姿勢になって腰は正面で腹は斜め45度ぐらいで胸や肩は真横になるわけで…とりあえずとてもキビしィ〜格好!その格好でだいたい2分ぐらいずっと同じ姿勢でいるわけです。(一般的には10分だそうです。)

まあ、2分じゃぜんぜん足りませんけど未熟なんでこれから少しずつタイムをのばしていこうと思います。

しかしこれ左右やるんだけど右やって左やるときに前の疲労が膝上のモモあたりにしっかり残っているから超つらい!(゜皿゜;)

一人でヒイヒイ言いながらプルプルと小刻みにふるえながら耐えています。

あぁ…怪しい( ̄ェ ̄;)

nam300.jpg

昔から怪しい男にあこがれている大和魂でしたが〜

怪しい男になるのも大変だと実感している大和魂30歳でした〜!(´3`)
posted by 大和魂 at 14:58| 岩手 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 心意六合拳練習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月30日

見事に膨れあがりました!

gekishu1.jpg

撃手の練習で見事に右手の甲が膨れあがりました!(*≧ω≦)ノ

でも、同じように練習した左手はまったく大丈夫です。やっぱり前に一度オムレツを左手に作ったからでしょう。

アジトに訪れる友人S氏に「どうだっ!すごいだろう!」っと自慢してみましたが、それは拳法の修行の成果ではなく単なる怪我で内出血ですと診断されました(≡д≡) ガーン

う〜ん…説明が下手くそなのかな?(-"-;)

一緒に拳法修行しないかと誘ってもなかなかのってきてくれない。

兄貴には「修行して身につけてドウするの?」っと聞かれたりしますが…

ドウって…達人に…仙人に…なるのが一つの夢だったりする大和魂ですので〜そんな夢にむかって日々精進するわけです。

あれ?そういえば、いま思ったのですが、仙人って究極のロハスの達人なのでは?野山で霞を食べて動物達と共に暮らす…

キタ━(゚∀゚)━ッ!!う〜ん!いいですね!

まあ、霞だけ食べて生きるには体内に空気中の窒素をタンパク質に変える微生物を飼わなければならないのでまだ無理ですが、とりあえす森の案内人講座で食べられる山野草の勉強をしつつ拳法の達人になろう!(@ ̄∇ ̄@)

そうすれば山ごもりしてもとりあえず生きていけそうな気がする。でも、霞食べてないからな…( ̄_ ̄;)やっぱり仙人じゃないな〜。

するとあれだな、仙人のまえに住田超人としてデビューするか!?住田超人の定義は住田町の良いところをいっぱい知っていて楽しめる達人だから…
とりあえずそれになろう!(@∀@)

なんだか心意六合拳の練習内容とは別の話をつれづれなるままに書き綴ってしまいましたが、どうやら自分の内面を整理するためには、一度書き出してみると客観的に自分が見えてくるようです。

皆さんも何かで迷ったり悩んだりしたときはぜひお試し下さい。

(まあワタクシの場合、客観的に見た自分ってのもなんとも言えませんけど…)

★一緒に練習したい方いませんか?現在もガッツリ募集中で〜す!(^o^)/
posted by 大和魂 at 18:11| 岩手 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 心意六合拳練習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月09日

この子どこの仔?

昨夜は例のごとく大船渡市のサンアドレス公園にて10時から拳法の練習をしました。

とりあえず準備体操…続いて撃手(げきしゅ)みたいなかんじで練習がはじまります。

前回、左手の甲がオムレツのようにふくれあがりましたが、今回は腫れませんでした。

なるほど、たしかに先生の言うとおり一度ぷっくり膨れ上がるとあとは腫れなくなるものだ。

しかし、右手はしっかり腫れている。

先生「ああ!惜しかったね。もうちょっとで前の左手のようになれたのに。もう一回止めちゃったから今日は出来ないから。次回だね。」

う〜ん…残念!早く右手の甲もオムレツ期を終わらせてしまいたいものです
(^。^;)

この日の具体的な練習内容は「軸づくり」でした。前々からそうなのですが、軸が出来ていないので形がぶれまくりです。体軸を感覚的に意識できるようにする。これが今回の練習内容でした。

とりあえず今の自分の体で意識しなければならないことは、体軸をつくる、肩の力を抜く、胸を張る癖をなくす、左股関節を柔らかくする、腰を柔らかくする…う〜ん色々あるな。

拳法の練習をしていると今まであまり意識したことがなかった体の部位の動きを確認することが出来ます。そして、確認することにより自ずと体の姿勢を直すことが出来るようです。

さて、そんなこんなで「軸」を作る練習をしているとどこからともなくフニャ〜…フニャ〜と得体の知れない鳴き声が…

う〜ん?なんだ?海の近くだしカモメ?っと思いつつとりあえず練習に集中( ̄ェ ̄ )

フニャ〜…フニャ〜…鳴き声は闇夜にこだまする。

先生「これって仔猫じゃない?ちょっとゴメン!探してきていい?」

はい!?(@△@;)

ってことで真夜中に男2人で仔猫探し!

鳴き声がする場所の見当をつけ車の下や木製パレットの下などを捜索する。

うかつに近寄ると鳴き声をあげなくなってしまうので、物音をたてないようにこっそりと捜索…

う〜ん、他から見るとかなり怪しい2人…(-.-;)

んで、やっとこ深夜1時半ごろに仔猫を確保ー!!(^ω^;)

母猫からはぐれたわけではなくどうやら捨て猫のようです。

koneko_02.jpg

はじめはおびえているような感じでしたが、先生が懐に入れて温めてやるとすっかりなついてしまう。

koneko_1.jpg

しかし、それでも落ち着かない仔猫。どうやらお腹がへっているようなので、コンビニでミルクを購入して与えることに。

ミルクをティッシュに染みこませて仔猫に与えること30分、なんとか仔猫も落ち着きを取り戻す。

というわけで、この可愛らしい仔猫の里親募集しています。オスの仔猫で生後1ヶ月ぐらいです。

ご希望の方はひとまずコメントにご連絡お願い致しますm(_ _)m




posted by 大和魂 at 16:40| 岩手 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 心意六合拳練習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月27日

おっほ〜!こりゃすげぇ!

どぉも〜!住田町のG・Tテグムの会会長の大和魂です!私はSUMITA好いネットで岩手県の住田町の元気で新鮮な情報を全国にお届けしている者です。

そんでこちらは私の個人的なブログなのでけっこう好き勝手に書いちょります。今後は住田町のロハスっぽい情報やらグリーン・ツーリズムの情報などを中心に情報発信していきたいなと考えています。そんなこんなでうちのホームページ『SUMITA好いネット』をよろしくお願いしま〜す!m(_ _)m

さて、管理人らしいコメントはこの辺にしておいて、これからは私の個人的な日記です。

昨日も夜10時30分頃から隣町の大船渡市のサンアドレス公園で心意六合拳の練習をしてきました。

練習はまず始めに各自準備体操やら柔軟体操などをおこないます。

次に左右の腕をブルンブルンと力を抜いて前後それぞれ10回ぐらいずつ振り回します。

その後、相対になって腕を振りながら手の甲を打ち合わせ鍛えます。

これが効く!ペチン!ペチン!ペチン!っと最初はリズムよく出来るのですが、だんだんビチン!ビチン!ビチン!っと音も振りも強くなって行きます。

最初は良い感じで打てていましたが、だんだんと打ち当てている手の甲がはじき飛ばされてしまう。

なんでしょう…重い鞭のようなモノが手の甲に当たってははじかれてしまうような感じです。

「あ〜こりゃ痛ぇ〜な〜!ちょっヤバイです!ギブアップかも!」っと思いつつやっていましたが、途中で「あ〜まあ、どうせ痛いんだからガチガチぶつけてみよう!」っと腹を決めて取り組む。

そんで、このペチペチと甲を当てる練習が終わって手の甲を見てみると何かいつもと様子が違う…「あれ?何これ?なんかモッコリしている」(?_?)

左の甲を見てみるとプクッと皮が盛り上がっていました。形はそう…まるでオムライスのように!(゜Д゜;)

omura1.jpg

なんじゃこりゃ〜!すげ〜!(@□@;)

痛みよりなによりその手の甲にできあがったふくらみの形にびっくり!以前、河野先生にこの練習をやっていると手の甲にピンポン球を半分に割ったような膨らみが出来るよっと聞いていたのでなんとなく覚悟はしていましたが、実際に見てみると凄い!面白い!こんな風になるんだととても関心してしまいました!(^。^;)

河野先生「あ〜出来たねっ。でも破れていないから大丈夫だよ。一度そうなったら次からはどんどん手の甲が硬くなっていくから。多少痛いけどすぐ良くなりますよ。」

大和魂「は〜そうなんですか〜」(^△^;)

先生「うんっあと手をグッパグッパやって血を巡らせればすぐにその膨らみは拡散するよ。ただし内出血して紫色の世界地図のようになるけどね〜(笑)」

んで、本当にそうなりました!(゜Д゜;)

kobusi.jpg

そしてこの日は鶏行歩の形の練習をしました。

心意六合拳には龍、虎、猴、馬、鶏、燕、鷂、蛇、鷹、熊の10の形があってその形を十大形(じゅうだいけい)って言うそうです。

その中で、もっとも基本となるのがこの鶏行歩なんだそうですが、この鶏の形は結構大変!かなり足(太もも)にきます!(∋_∈)

んでも太モモにくるのは力の入りどころが間違っているんだそうで、かえって自分でつらくしているんだそうです。

う〜んなるほど…(-.-;)言われてみればそんな気がしますが…わからない!

まあ何はともあれ練習して体で正しい形を覚えていくしかないですねっ(^。^;)

ところで誰かいっしょに練習しませんか〜?野外練習がメインなので見学自由です!(笑)

興味あるかたはご連絡くださいね〜!(^o^)/




posted by 大和魂 at 16:10| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 心意六合拳練習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月19日

心意六合拳練習の日々2

どうもみな様こんばんみ〜!今日はビビル大木調で自然豊かな住田町でロハスな生活を営む大和魂の日々をお伝えします。

まあワタクシの場合はロハスとはいってもセレブが楽しむロハスではなく、土にまみれ汗にまみれる町づくりな土着なるロハス野郎ですけどっ

いや〜しかし先日の心意六合拳の練習のときにゃビビりました!

何にビビッたかといえば…いまから書きます。

心意六合拳の形にゃ熊の形や鷹の形、虎の形とか色々な形がございます。

その中の形の一つを練習する時のことでありました…

河野先生「構えるときには指先一本一本に意識を巡らせてね。全身に意識を集中させます。一番はじめは右手の小指…」

っと構えている手の指を軽く触れていきます。触れられたことで指先に感覚が残り、そこに意が通りました。

「次は薬指…そうそう、良いね〜ハイ!じゃあ次は左の手ね〜。」

ってな感じで次々と意を通していく。

ん?良いね〜って河野先生言っているけど…もしかしてわかるの?それぞれの肉体の箇所に自分の気持ちが通っているかどうかがってのがわかるんですか?(@_@;)

肉体の各箇所に意識を集中しなきゃいけない時に、ふとそんなことを考えてしまう。

河野先生「あれ?だんだん意識がとぎれてきたね。ちゃんと通したままでいてねっ!」

大和魂「えっ?はいっ!」(マッ…マジで?わかるの?なんでわかるの?)ってなこと考えていたら鼻の上を汗がつ〜っと流れる。

かゆい!鼻の上がかゆい!掻きたい!でも今は意識を集中しているときだからそんなこと言ってらんない!でも掻きてぇ〜!(≧皿≦)

ってことで構えを解いて右手で掻こうかな〜っと思った

次の瞬間!

河野先生「右手の意識がとぎれたね。もういっぱいいっぱい?」

え〜!やっぱわかっている!見破られている!触れられてもいないのに!

ヒョエ〜!(゜Д゜;)ガタガタガタ…

河野先生「まあ、こんな感じで意識を体の各箇所に巡らせておくんです。ちょっとづつで良いから練習しておいてね。普段の生活でも時間見つけて出来るからね」

『呂瑞芳師の“双把”』〜武術別冊心意六合拳SPECIAL号より〜ro_si.jpg

ってな感じで本当にビビりまくりです。ちなみに写真は河野先生ではありません。

河野先生は自分より1歳上の先生で若い先生です。んでもって三陸町に住んでおります。

おそらく心意六合拳をちゃんと教えてくれる先生は岩手県内…いや東北で河野先生しかいないんじゃないかと思いますが…武術に興味ある方はぜひ連絡下さいね!

見学自由です!(σ゜∀゜)σ



posted by 大和魂 at 13:55| 岩手 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 心意六合拳練習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月15日

心意六合拳練習の日々

先週の木曜日の夜、いつものように隣の大船渡市のサンアドレス公園にて心意六合拳の練習をしました。

いつものことですが私は肩に力が入り、なかなか胸をゆるめることが出来ない。

河野先生「う〜ん、また肩に力が入っているね。りきんじゃうとそこで力の流れが切れちゃうから威力が全然なくなっちゃうんだよね〜。胸張らないで、もっと胸の力を緩めて楽に…」

大和魂「ハイ!こうですか?」

「あと、上半身の力と下半身の力が全然連動してないね。バラバラの動きだと力が出せないよ。下半身で生み出した力を上手く上半身にも伝えないとね。」

ガビーン!(゜Д゜;)

大学生時代はちょこっと少林寺拳法をかじっていたので、何とかなるかな〜っと思って始めてみたものの、変な癖が体に染みついているのかなかなか上手く肩の力が抜けない。

たぶん少林寺拳法も肩の力や胸の力は抜き、なるべく自然体に近い状態で構えるんだと思いますが、俺ってば胸を張る癖ってのが少林寺時代も抜けなかった!いや、むしろさらにその癖が強化されたような…。

いや〜癖って治すのがなかなか大変ですね〜(^_^;)

『力を連動させる』ってキーワードでふと思ったのですが、うちの町って町民と行政ってうまく連動してるのかな?(?_?)

住田町は『森林林業日本一を目指すまちづくり』をスローガンに掲げてまちづくりを進めているけど、話聞いてみると一般の町民には全然そのスローガンがピンときていないようですね。

林業に従事している人や、木工団地等の製材所で働いている人達には関係することなのでこのスローガンは伝わりやすいと思いますが、そうでない多くの町民にとっては日常生活には関係が薄いので「おらぁ知らねぇ〜」ってことになってしまっているようですね。アジトにいるとそんな声がちらほら聞こえてきます。

まちづくりも全町民とうまく連動するような仕組みだったら力が出しやすいんでしょうね〜。

sinrin.jpg

posted by 大和魂 at 17:04| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 心意六合拳練習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月05日

心意六合拳に吹く風…

先週の金曜日の夜のことでした。

夜10時、隣町の大船渡市某公園で心意六合拳の練習をしていました。

その日の夜はそれほど寒いわけでもなく、風もほとんどなかったので絶好の練習日和でした。

軽く準備運動をした後で九節鞭を使う練習をした後、体術の練習に移りました。

九節鞭
kusetuben.jpg

そして、12時を過ぎたぐらいからだんだん冷たい風も吹くようなり、気温も寒くなってきました。

「うわ〜寒くなってきた。せっかく体が温まってきたところなのに冷えちゃうよ〜」な〜んて思いつつ練習していたら突如!フワァ〜っと生ぬるい風が…(゜Д゜;)えっ?

「えっ?何この風?気のせいかな?この風感じるのって俺だけ?」なんて思っていたら…

河野先生「いま生ぬるい風ふかなかった?」

気温がグンと下がってきた夜中の公園に突如吹いた生ぬるい風…

感じたのは私だけではありませんでした。

この後、私と河野先生はお互い5秒ぐらい無言になり、それぞれあたりの様子を確認しましたが何も変わりはありませんでした。

自分はあんまり霊感強い方じゃないので、いわゆる霊のようなものを視覚でとらえたことは無いのですが、この日ばかりはなにやらゾワゾワとしたものを感じてしまいました。

一体あの風は何だったのでしょうか?(@_@;)

ちなみに、心意六合拳に興味を持たれた方や習いたい方は下記のアドレスにメール下さいね。

xin-ya-kai@devilbra.in

xin_yakai.jpg


posted by 大和魂 at 17:55| 岩手 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 心意六合拳練習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。