2008年08月04日

住田の里山de夏遊び!

住田の里山de夏遊びは無事、成功し修了しました!参加して頂いた家族の皆様、大学生、スタッフの皆様、地域の皆様、本当にありがとうございました!

そんなこんなで、さっそくですが、ドタバタレポートです。

開催日の2〜3日前に雷を伴う雨で、川が増水し、なんと今まで水気のなかった川水が増えていました。

そして、川の状態が変化しているという話を聞いたのが何と前日の夕方18時過ぎ…。

しょうがないので、翌朝に川の状況整備をすることに。

前日は仕事を休んで準備。夜1時30分ぐらいまで、薫製にするための半熟ゆで卵の殻むき。

4:30起床。起床しすぐに川へGO!

川にいって気が付く。魚が全然いない…。これはピンチと他の場所にいって急きょ一人で川魚手掴み漁開始。水温低いし独りぼっち。それでも何とか10匹確保。

10匹確保したイワナやヤマメを、会場となる川の中に川石で作ったいけすにとりあえず確保しておくことにした。

6:30に再び家に戻り、残った荷物をトラックに積み込む。積み込んで朝飯食べて、再び卵の殻むき。

殻を剥き終わったら、なんと出発予定時間!

慌てて、車に乗り込み、いざ五葉!

そして、気が付く。紙コップを買っていなかった!ってことで、スタッフNOZIEEに携帯電話にて連絡。

NOZIEEも忘れ物をしたということで、一端帰るとの事。帰る途中で紙コップを購入してもらう事に。

8:34分待ち合わせ会場に到着。4分遅れた!面目ない!

そして、当日スタッフ予定者がバタバタとキャンセル!なんてこった!

しかし、当日は何が起きても不思議じゃないので、焦らずマイペース。

しかし、そうも言ってられない感じになってきたので、急きょ気合いを入れ直して参戦!

事前ミーティングを済まし、他のスタッフが到着した後、10時ちょい前ぐらいにお客様の第一便が到着。

hamimari.jpg

その後、大学生、第二便が到着し、里山de夏遊びは始まった。

一番初めのメニューとして「伝統的川魚手掴み漁」を開催したのだが…生憎の天候。水温も上がっていない。そして水の量が若干多い。

直前までやるかどうか迷いつつも、決行した。

(何はともあれ、川に慣れ親しんでもらうことと、川の流れを体感し、安全に遊ぶ方法を感じて欲しかったので、少しでも川に入ってもらおうと思ったから。)

まあ、朝に苦労してつかまえた魚がいるから、それを子供達に掴んで遊んでもらおうと思っていたら…

全て逃げていた!(T▽T)

ってことで、けっこう過酷な環境の中、本格的つかみ取りを開催する事になった。

ame-happakasa.jpg

川の水ははっきり言って冷たいまま!イワナが隠れていそうな岩の下を探ってみるが水が冷たくて長いこと入っている事ができない。

zousui-samui.jpg

そして、雨まで降ってくる。よって、魚の掴み捕り漁から水生生物の観察へ変更。

suisei-kirikae.jpg

しかし、昼食のおかずを確保出来ない。

tukami-okke.jpg

かろうじて小さな魚と、ヤマメを確保。そして、見せるように取っておいたヤマメの合計3匹を昼食のおかずとした。

雨が強くなってきたので、川遊びを早めにやめ(安全と子供達の体調を考慮して切り上げ)昼食準備。この時11:30分

jagimo-hori.jpg

昼食の会場としてお願いしていた民家さんが、なんと気を利かせてくれてジャガイモ掘りなど野菜の収穫体験をさせてくれた!

yasai-shukaku-kyuri.jpg

そして、とったジャガイモを炭火で焼いて食べた!ホクホクととれたてジャガイモの炭火焼きはとっても美味!

sakana-sabaki.jpg

獲った川魚を捌く経験をしてもらい、食と命を感じてもらった。

みんな満腹満足となり、次の体験へと移行。

午後の体験メニューは「炭deアート」だ。

炭deアートの前にダンボール薫製づくりを体験。

kunsei-shikomi2.jpg

苦労して剥いた味着きゆで卵とちくわとチーズをそれぞれダンボール薫製キットに設置!

kunsei-sikomi1.jpg

薫製キットと食材設置はおよそ15分もあればできます。薫製時間はおよそ1時間。

その1時間を利用して「炭deアート」体験をおこなった。

今回は竹炭を利用した風鈴づくりにチャレンジ!

大きさの違う鳴子を4まい組み合わせ、真ん中に鳴り玉をセットしてつくる竹炭風鈴。

他で作っていた風鈴を見よう見まねで自己流にアレンジして製作方法を検討して、今回みなさんの前に初登場!

sumi-hu-rindodai.jpg

どうなるものかとドキドキしながら見守っていましたが、皆さんそれぞれ完成しご満悦!

sumi-hurin.jpg

「夏休みの宿題がこれで一つ終わった!」

っとの声でした。そう、これはそれも一つの目的でした。

竹炭の工作づくりを終了した後は、参加者の皆さんには五葉温泉まで行って頂き入浴していただきました。

入浴中に、残りのスタッフで夕食準備。

夕食は毎度お馴染み鹿肉バーベキューと大和魂オリジナル・ラタテューユー(夏野菜の煮物汁)。

会場づくりは、椅子運び、机運び、照明設置、食材準備、火の準備…この時はやはり人手がいる。

そして、地元の人のご協力が必要。

17:30分頃に参加者到着。

到着したら、なんと地元のお母さんが「しょうゆ団子づくり」を経験させたいとうことでしょうゆ団子作り体験が始まった!

odango-tukuri.jpg

それぞれ思い思いにお団子をつくってみんなで試食!軟らかくって美味しい!

おだんご食べて、鹿肉食べて、薫製食べて、思いつきラタテューユ食べてみんな腹一杯になったので、花火で遊ぶ。

hanabi-pachi.jpg

花火終了20:00→各農家へ移動し民泊体験となった。

その後、我々も23:00就寝をめざし、囲炉裏前でスケジュール確認とまちづくり議論を展開。

23:00予定どおり就寝。

23:00に就寝するも、慣れない寝袋でなかなか寝付けず、一時間ごとに目が覚める。

覚醒と半覚醒を繰り返しつつ5時起床。

5時に起床して、スタッフと一緒にカブトムシチェック!

学校の街灯下にしかけた罠にカブトムシが着いているかどうかを確認しに行った。

確認してみると、1匹のオスカブトがへばりついていた。さらにミヤマクワガタのメスも2匹発見。

ダミーの用意は必要ないと悟り、再び対策本部のある羅象館に戻ると、後かたづけ開始。

後かたづけをすませて、少しボッとしていると参加者の皆さんがお目覚めの朝の散歩。

ohayo-sanpo.jpg

おはよ〜!カブトムシを採りに行く?っと聞くと「うん!行く!」っと元気なお返事があったので、カブトムシを採りに行った。

現場について、トラップの場所について探していたらスタッフのズボンにカブトムシがへばりついていた。

何だかんだでオスカブトムシ2匹、メスカブトムシ2匹、ミヤマクワガタメス2匹をGET!

対策本部にもどり昨夜の残り物で朝食を済ませ、再び会場の整理整頓(この行動が早く帰れるかどうかを左右する。)

朝食を各民家で済ませた家族は予定通り8:30頃に羅象館に到着。

荷物を整え、2日目のメニューである野菜収穫。

キュウリやナスなどを収穫した。

yasai-shukaku.jpg

収穫体験を終えたら、昨夜釜石市在住のMさんから差し入れがあったスイカでスイカ割り大会を開催!

Mさんありがとうございました!<(_ _)>

スイカ割り…目隠しして棒をもってぐるぐる5回まわる。

suikawari-charenge.jpg

右右!すこし行き過ぎ左によって、そのまままっすぐ!

チャレンジ!   コーン!っと石を叩いて…

suikawari-kekka.jpg

何度か外しつつも、3回目で見事に割る事が出来ました!

sukiawari-kekka.jpg

スイカを切って準備して頂いている間に皆さんにはアンケートを記入してもらいました。

anke-tokinyu.jpg

記入を終え、せっかく五葉は檜山に来たのだから「五葉山火縄銃鉄砲隊」の鎧の試着体験を開催!

お父さん!侍姿りりしいです!

試着のち、記念撮影!

yoroi-kinen.jpg

「思ったよりも重い!でもなんだか気持ちが引き締まる。武士になった気分です。」

っと反応も良かったです。


今回の企画は「盛岡さんさ踊り」などの大きなお祭りのイベントと日時がかさなったり、近郊でも同じような企画が開催されバッティングしてしまったり、河川の状況がかわったり、悪天候であったり、気温が低かったり、いつものメンバーではないニューメンバーでの開催であっただけに…

正直かなりハードで過酷な状況でしたが、参加して頂いたご家族が「楽しかったです!来年も企画して頂けるならぜひ参加したいです!」っと温かい言葉をいただく事ができて、とても嬉しかったです。

今回の企画・運営は正直無理がかなりあったので、この企画で生じた反省点を新・旧のメンバーで再び叩き、来年はより合理的に、より楽しく開催出来ればなと思っています。

ああ…そう9日10日もありました。

まだ、気を抜く事は出来ません。

今回、見えた反省点をすぐ次の企画に活かせる。

これは非常に良い事であると思います。

9日10日は主催は一応わたしたちの会ではありますが、運営は緑のふるさと協力隊のNOZIEEにまかせることにしています。

2日3日はNOZIEEに見せる為に開催したという意味もありました。私の動きをどれだけ見て学習しているのか?注意点はどこなのか?

彼女がどれだけ本気なのかを私は見ていました。すこし説教もしました。

失敗をしてもいいので実践を通じて学んで欲しいとも思っています。

でも、中途半端な準備で失敗するのならば意味がありません。しっかりとベストを尽くした上での失敗に意味があります。

日数も残りわずかですが、彼女にどれだけ伝えきれるか…これも私の一つの命題です。



そんな事を考えつつ軽トラックのガソリンがなくなりかけていたので、となり遠野市のセルフガソリンスタンドめざして車を走らせていた…

ガガガガガガ…プスン、プスン…ヒュヒュヒュヒュ…ン

なんと!ガス欠!

アリエネェ!(゜Д゜;)っと一瞬思ったが、オチとしては非常にイイかも!?っと半ば芸人的な発想で、とりあえず500m前にあるガソリンスタンドまでダッシュ。

ガソリンを10Lタンクに入れてもらい500mを再びダッシュ。

これがガソリンスタンド近くではなく、トンネルの中などだったらと考えたらゾッとした。そして…

力尽きたのは俺ではなくお前か…などと呟き、軽トラックを無駄に擬人化し今日一日のイベントは無事終了しました。

gasuketu.jpg

青笹のJAスタンドの皆さん、お世話になりました<(_ _)>






















































posted by 大和魂 at 00:23| 岩手 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 五葉地区情報録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月07日

今年の五葉山のシャクナゲ

syakunage20080706-1.jpg

7月6日の五葉山のシャクナゲの様子です。


shakunage2008076-2.jpg

五葉山のシャクナゲは、去年よりも良さそうです。

皆さんどうぞ、天気とご都合にあわせてぜひ五葉山(特に黒岩コースからチャレンジ!)に登山してください。

※そして、こちら8月の住田町で開催する川のグリーン・ツーリズム企画もどうぞ宜しくお願い致します。

住田の里山で夏遊びin五葉.pdf

すみた川遊び寺子屋塾in大股2.pdf

posted by 大和魂 at 23:03| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 五葉地区情報録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月27日

住田の里山で夏遊びin五葉

natukawa1.jpg

住田町の川で遊んでみませんか?伝統的川魚掴み取り漁や水生生物の観察をしたりと川で楽しく遊びます。獲った魚はその場でバーベキューに♪他にも薫製作りや夏休みの工作づくり・昆虫採集体験なども天候や気候状況をみて行います。住田の里山ならではの夏を体感できるグリーン・ツーリズム企画にご家族で参加してみませんか?

日時:2008年8月2日(土)3日(日)一泊二日(3食付)
午前10:00(集合・受付開始)

集合場所:住田町 五葉地区公民館

体験料金:6,800円(1名)
(料金内訳:食費・材料費・資料費・施設利用料・保険料・通信費等)

※お客様の都合により1日目でご帰宅される場合はお問い合わせの際ご相談ください。

募集期間:7月19日(土)まで

募集人数:20人まで(最小催行人数8人)

宿泊場所:民家・五葉地区公民館敷地内・羅象館 ※人数とご希望によって調整致します。

詳しくは、申し込みの際にお問い合わせください。

申し込み・お問い合わせ先 G・Tテグムの会

TEL:0192−46−3180(佐々木)

FAX:0192−46−3180

(留守電の場合はこちらから折り返しますので、メッセージにご用件とお名前をよろしくお願いします。)

※お客様へのご案内
宿泊場所は農家民泊となりますが、ご希望により公民館敷地内でテント宿泊や羅象館での宿泊も可能です。テントの場合は寝具(タオルケットや毛布)などはなるべく各自でご持参下さい。もし寝袋などをレンタルする場合は別途レンタル料金を頂きます。また、水着や着替えも必ずご持参ください。アレルギーなどがある場合は事前にお伝えください。

「メニューの例」
★川魚伝統的つかみ取り漁
★水生生物の観察会
★川魚バーベキュー体験
★ダンボールde薫製作り体験
★夏休み工作づくり体験
★昆虫採集体験
★五右衛門風呂体験
★野菜収穫体験

※天気や気候状況によって上記の体験プログラムから五葉地区の里山で出来る体験を行います。

(悪天候の場合や川の状態が悪い場合は中止となりますので数日前にご連絡申し上げます。)


【主催】G・Tテグムの会【共催】もさばロハス倶楽部【企画協力】緑のふるさと協力隊【後援】住田町

企画のチラシです。PDFデータですので、宜しければご覧ください。

住田の里山で夏遊びin五葉.pdf
posted by 大和魂 at 13:31| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 五葉地区情報録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月30日

五葉山山開き

080429_1116~01.jpg

4月29日は五葉山山開き。

今回はメジャーな大船渡市の赤坂コースではなく、マイナーな住田町の黒岩コースを登りました。

住田テレビの取材も兼ねての参加でしたが、とにかく黒岩コースは私は初挑戦!

非常にワクワクドキドキでした。

11人のパーティーで黒岩から五葉山山頂を目指したのですが、黒岩は初めはけっこうきついです。

しかし、ゴロゴロとした大きな岩場のところにさしかかると、パッと視界が広がり、海やら町やら遠くの山々が見えて、非常に素晴らしいです。

風も涼しく、火照った体をクールダウンさせてくれました。

そして岩場を登るのも楽しい!

少し危険な感じがするので注意は必要ですが、山登りの醍醐味がとても良く味わえます。

今回は天気も良くって最高でしたね。

残雪も少しですが残っていたので感激でした。

次は石楠花の咲く頃に、また訪れてみたいと思います。

皆さんもどうぞ住田町の黒岩コースをお試しあれ!
posted by 大和魂 at 00:58| 岩手 | Comment(0) | TrackBack(0) | 五葉地区情報録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月12日

剛くんのGOGO川遊び体験in五葉

ってことで、本日は午前10時より、五葉地区の土倉付近の川で魚の掴み取り体験をまたもややってきました!(^o^)/

asobi1.jpg

総勢15名で川遊び。大人も子供も大はしゃぎです。

本日は猛暑ってことのようですが、川の水は丁度良いくらいに冷たかったです。

そんで、7月末日頃とちがって水温も高く、ちょうど良い感じ!

水も少なかったのでお子様でも安心でした。

そんな川遊び体験ですが、この日の結果は15匹!(*´艸`*)

asobi2.jpg

つかまえた岩魚はその場で串に刺して塩焼きです。

asobi3.jpg

なんと子供達がそっせんして岩魚に串を刺すではありませんか!たくましい!(゜Д゜;)

asobi4.jpg

炭火でチリチリと焼けばホクホクと美味しい岩魚の塩焼きの出来上がりでっす!(人´3`)

asobi5.jpg

橋の下で昼飯を食べながら出来上がりを待ちました。

焼き上がった岩魚の塩焼き最高!(≧∀≦)b♪

asobi6.jpg

いや〜これって本当に夏休みっぽいですね!( ´_ゝ`)

家に帰ってきたら背中がチリチリと日焼けしていたいです。
posted by 大和魂 at 21:05| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 五葉地区情報録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月09日

初・五葉山登山!

7月8日

このたび初めて私は五葉山に登山してきました!\( ´_ゝ`)/

やった〜!念願の五葉山に登ったぞ〜!\(≧∀≦)/住田町民なのに五葉山に登ったことがない!

五葉山について聞かれてもなんとも答えようがなかったけど…ついに五葉山について語れるぞ!(ちょっとだけだけど…)

朝は5時30分に起床して、玄米ご飯の握り飯に梅干詰め込んで集合場所の住田町役場へGO!。・ω・)ノ

前日は歳祝いの話し合いが24時ぐらいまであったのでけっこう眠かったのですが、これを逃したらもうなかなか行けないだろうってことでがんばって起きて出発しました!

いや〜前日にいろいろと準備しておいてよかったわ!

今回の主催はいつもお世話になっていkaccoさん。kaccoさんに連れて行ってもらいました。

五葉山の駐車場からあすなろ山荘まで徒歩で移動して、あすなろ山荘を7時30分ごろに出発しました。

hatu-goyo-1.jpg

いや〜朝早くに山を登るの最高!すがすがしいね〜!(*≧ω≦)ノ

途中でいきなりオオルリとも遭遇したりギョウリンソウの群生地を通ったりとなんだか貴重な体験が満載でしたね。

hatu-goyo-4.jpg

あと、落とし文がいっぱい落ちていた!なんでしょう?恋文?遺言?秘伝の書?(笑)

まあ、中身は皆様のご想像にお任せしますが、オトシブミがいっぱいあったのでついついはしゃいで拾いまくりました!

hatu-goyo-2.jpg

あまり登りで張り切ると後半はバテるからと注意をいただきました。(なるほど、確かに下山はバテバテでした!)

また、道の途中で庚申塚があったり、昨年の暴風雨で倒れた大木のある場所を通ったりと…種山にはない歴史と大自然のダイナミックな営みを目の当たりにしました!

hatu-goyo-3.jpg

そして、住田町側から登ると石楠花の群生地があるのですが、今年はちょっと少なめ…っというかあまり花が咲いていませんでした。

hatu-goyo-5.jpg

それでも何株かは咲いていたのでそれを携帯電話のカメラ機能にてパシャリ!

hatu-goyo-6.jpg

あ〜撮影してて思ったのですが…やはり、いいものはいい写真に残したいですね。携帯電話のカメラ機能の限界を知りつつ残りバッテリーの少なさにも愕然としました。

頂上なのに…いまからまさに頂上なのに!せっかくいい場所これからもいっぱいあるのに写真が撮れない!ガッティム!(>_<)

そんなわけで、バッテリーを気にしつつ撮れるだけ写真を撮りました。

それにしても、五葉山って登って楽しい山ですね〜!海が見えて遠くの山々が見えてなんとも眺めが良い!(´∇`)

そして何もないのがイイ!

hatu-goyo-7.jpg

まあ、この日はちょうど大船渡市の石楠花の鑑賞会の企画とぶつかった為か、あるいは皆さんがちょうどこの日に目をつけて企画していたせいなのかよくわかりませんけど、とにかく人がいっぱいでした。

山頂に100人以上はいたような気がします。山に銀座ができた!渋滞だ渋滞!(笑)って笑っていましたが、本当に場所によっては前に進めないくらい混んでおりました。

hatu-goyo-8.jpg

あと五葉山神社の近くで早めの昼食をとっていたときに、なんだか目立つ黒っぽい石ころが…なんだろ?(?_?)

そう思って拾ってみると鉄が溶けたような石でした。ノロカス(製鉄の時に出てくる鉄くず)かな?っと思ったのですが、五葉山山頂にノロカスがあるのはどうもおかしい。

そして、この黒い石以外は他に同じようなものは見当たらない。

同行者に見てもらったら「隕石じゃないの?」っと言われました。

隕石!流れ星を拾ったのか!?このワタクシが!

キタ━(゚∀゚)━ッ!!

070709_1508~01.jpg

もうこりゃ大変だ!たとえ流れ星じゃなくっても一生の思い出としてとっておこうと思います。

五葉山神社で昼食後は日枝神社へ向かい、その後しゃくなげ山荘でトイレ休憩をして原生林が残っている場所へ向かいました。

そして日の出岩に登って…いや〜楽しいことこの上なかったですね!

しかし、しゃくなげ山荘にてついにバッテリーが切れてしまったので、日の出岩や原生林、頂上の記などは撮影することができませんでした。残念!

まあまあ!次回登ったときにちゃんと撮影すればいいや!

下山後はkaccoさんに連れられて、海側から見える五葉山を確認し、夕日が最高に美しく写真が取れるポイントに連れて行ってもらったりとフルコースの一日でした。

いや〜さすが達人です。今のうちにいっぱいいろいろと田舎で楽しむ術を吸収したいと思います。m(_ _)m
posted by 大和魂 at 15:16| 岩手 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 五葉地区情報録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月27日

お助けワーキングホリデーin五葉〜その3

フィギュアスケートの世界選手権などを見つつ夜はまったりとコタツで漫談。

寝る場所は二階の広い部屋。お婆ちゃんの指示で布団を押入から出すと、皆で布団を敷いた。いやぁまるで合宿だね(笑)

翌朝は、7時30分に起床して朝食。

実際には皆さん6時ぐらいに目覚めて行動していましたね。しかし、私はしっかり7時30分まで布団で暖まっておりました。

wa-hori8.jpg

朝食も豪華!朝から郷土料理のヒッツミ汁!お漬け物!サンマのみりん干し!焼きおにぎり!白米!その他色々!っとまたもや腹一杯。焼きおにぎりも合わせてだいたい一人ご飯を3杯ずつ食べました。

こ…これはイカン!ガッツリ働いて腹を減らさねば危険な状態だ!っと皆さん感じたようで、朝食後は皆さんガッツリ働きました!

細いホダ木には115の菌!太いホダ木には141の菌!ってことで115部隊と141部隊に別れて植菌作業開始!

当日は盛岡からM岡君、釜石からM井さんが支援に駆けつけてくれました!

いや〜貴重な戦力!貴重な胃袋が到着したぞっ!\(≧∀≦)/

そんなわけで総勢8名の助っ人が現れ、作業の一服休憩にはキビ団子汁が振る舞われ、再び満腹感に満たされての植菌作業となりました。

wa-hori9.jpg

そんで、昼ご飯は鹿肉カレー。

いや〜食べたね。よく皆さん食べましたね。

最終的に約700本の植菌作業を終えて、15時30分頃に解散となりました。

う〜ん…五葉らしいといえば五葉らしいワーキングホリデー。

まあ、今回の経験を元にさらに地元に根付くような仕組みを作っていきたいものですねぇ〜。

教訓★五葉での取り組みにはタッパが3つは必要と心得よ!

そんなわけで五葉でのワーキングホリデーを経験してみたいかた連絡お待ちしておりま〜す!(^o^)/

おしまい
posted by 大和魂 at 13:56| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 五葉地区情報録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お助けワーキングホリデーin五葉〜その2

G・Tテグムの会のG・Tは【グリーン・ツーリズム】の意味合いの他に【ガッツリ・食べる】という意味合いもあります。

よって今回は食い倒れのテグムの会となりました(笑)

食い倒れの鹿肉バーベキューには鹿肉の他に焼きおにぎりや赤カブの漬け物、大根のタクアン漬け、その他各種飲料水が盛りだくさん出てまいりました。

長年の経験から、学生の皆さんにタッパを持ってきていただきましたが、それでも間に合いませんでした(笑)

鹿肉と焼きおにぎりで腹一杯になった我々はとりあえず後かたづけをして、炭の残り火にて歓談。

wa-hori6.jpg

その間に今回初の五葉入りをはたしたH君に儀式【五右衛門風呂入浴体験】をしてもらう。

wa-hori5.jpg

この日は五右衛門風呂に照明器具が不足していたためにロウソクの火で風呂に入ってもらった。いやぁ〜なんか異様に雰囲気盛り上がってたね〜!(笑)

まあ…そんなこんなで五葉の夜はふけていきまして…夜は紺野さんのお宅にお世話になりました。

炭火の掘り炬燵が暖かかったですねぇ〜。まるで我が家のように皆さんくつろいでいらっしゃいました。

wa-hori7.jpg



posted by 大和魂 at 13:26| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 五葉地区情報録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月26日

お助けワーキングホリデーin五葉〜その1

いや〜がんばりました!ワーキングホリデー!

シイタケの植菌作業で植菌したホダ木の数は約700本!

三宅研究室の皆さん、メンバーのTくん、すみた森の案内人のMさん、どうもお疲れ様でした!桧山のおじいちゃんおばあちゃんはとても感謝していましたよっ!

いやホントっ遠方からわざわざ来ていただいて本当にありがとうございました。私からも御礼を申し上げます。

そんなこんなで、ワーキングホリデーの状況をお伝え致します。

まず初日は三宅研究室の皆さんが、予定より少し遅れて15時30分頃に到着致しました。どうやら少し道に迷ったようです。

とりあえず現地に着いたので、作業現場の下見へ三宅研究室一行をお連れすると…

「おお!よぐきたなぁ〜!ながながこねぇ〜がら帰ろうとおもっていだどごよ〜。ささ!これだこれ!」

っとばかりのコメントを桧山のお爺さん方にいただき、下見のつもりがそのまま作業へ突入!

ええっ!っと思いましたが、もはや手遅れ。皆さん黙々と作業を始めました。

wa-hori1.jpg

そんなこんなでいきなりワーキングホリデーははじまる(笑)

作業場では黙々と学生が植菌作業をおこなう中、先生は夕食の準備にとりかかる。

夕食は、五葉の名物と言っても良いだろう「鹿肉のバーベキュー」。

肉を焼くために炭火をおこす。しかし、火をおこす場所はとても喚起が悪くって煙だらけ!

先生ピンチ!ピンチです!しかし涙目で咳き込みながら頑張って火をおこしてました。

wa-hori2.jpg

(この後、いったん外に出して炭火をおこしたので、大事には至りませんでした。)

そして暗くなり始めたので(お爺さんが相撲がとても気になり始めたので…)山での植菌作業を終えて、夕食です。

夕食は、先ほども書きましたが、はいっ『鹿肉バーベキュー!』です。

wa-hori3.jpg

先生に頑張って火をおこしていただいて、生徒にはいきなり労働をしていただいて…とりあえず腹一杯メシを食べて欲しいと言うことで大量に鹿肉をご用意いただきました。

wa-hori4.jpg

どーん!写真は少しぶれていますが、このボールにはおそらく5kgぐらいの鹿肉が入っていました。これでも3分の1は食べた後で撮影したんですけどね…。

食べ始める前は、なみなみと…ナミナミと鹿肉がボールに入っておりましたよ。

そんなわけで、食い倒れのお助けワーキングホリデーははじまりました〜!\( ´_ゝ`)/

posted by 大和魂 at 13:30| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 五葉地区情報録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月21日

お助けワーキングホリデー開催

3月24〜25日、住田町五葉地区の桧山集落にてお助けワーキングホリデーを開催することになりました。

お世話になっている桧山のお爺さんが木の根っこの下敷きになり骨を潰してしまい大変な状態となりました。幸いにも元気ですけど…。

そんなこんなで、今回あつまってくれたお助けマンは岩手大学農学部、三宅研究室の皆さんです。

なんと前日は卒業式でお忙しい中、わざわざ来てくれることになりました!\( ´_ゝ`)/

いや〜ありがたい!ってことで、本日は五葉の桧山にいって事前確認。

作業現場を見てきたらまだ雪がありましたね。当日は長靴必要かもね…。

さてさてマジ忙しくなってきたよっ!(^。^;)
posted by 大和魂 at 14:27| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 五葉地区情報録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月02日

いや〜背中の骨がつぶれたが…

久しぶりに五葉の桧山地区に行って来ました。

今年は雪が少ないためか、五葉山の雪がとても眩しく目に映りました。

『白い雪がとても眩しかったです。』
oboro-goyo.jpg

んで、いつもお世話になっているお宅にお邪魔したのですが…

なんとそこのおじいちゃんが背中の骨を潰す大怪我を負っていたではありませんか!

幸いにも命に別状はなく、いまではなんとか歩けるようにまで回復しましたが、いままで通りの農作業はちょっと大変そうです。

お婆ちゃんは「いや〜なづにすっぺがなど思った〜。だりゃ〜どご触ってもいでぇいでぇ言うし、加減すればしたで思うようになんねえし、たいへんだったなあ!ワハハハハ!」っと明るく語ってくれましたが、これはかなりの大事だと思いますよ。

昨年の9月に襲った暴風雨で倒れた木々の処理をしていたときに、木を切った反動で横になっていた根っこが跳ね上がり、お爺さんの上に落ちてきたそうです。

いや〜でも、本当に命に別状がなくてよかったですよ。

そんで聞いた話なのですが、どうも治療という治療は民間療法で治しているみたいで…マムシの粉を飲ませて、湿布をはって治しているそうです。

2月9日に怪我をして、いまはだいぶ回復したそうですが、マムシの粉と湿布でつぶれた骨は治ったのでしょうか?

とても不思議です。(-"-;)

それにしても、いつもお世話になっている皆様だけに、なにかお手伝いは出来ないものでしょうか?

3月中にシイタケの植菌作業をするそうですが、それに人手がいるそうです。

もし、可能ならお助けワーキングホリデーを企画して恩返しをしたいなと思っています。

『潰れた骨にも効いた?おばあちゃん手製のマムシの粉』
mamusi-kona.jpg
posted by 大和魂 at 14:24| 岩手 | Comment(0) | TrackBack(0) | 五葉地区情報録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月06日

ちょこっと五葉に行ってきました。

土曜日は久しぶりに、五葉に行ってきました。

「五葉地区に行く途中の紅葉」
michinotochu.jpg

今年はなかなか五葉の集落の皆様のところに遊びに行けませんでしたが、自分の顔を覚えていてくれて「おお!よぐ来たなっ!」っと声をかけてくれました。

「豆打ちの作業中」
mamebuchi.jpg

午後に伺ったのですが、ちょうど外のハウスで豆打ちをしているところで、なかなか良い雰囲気でしたからちょこっと写真を撮らせていただきました。

この黒豆、どうやら煮る以外にも豆腐にして食べたりするそうで、今度くるときにあらかじめ言ってくれれば、いっしょに作ることも可能とか!

いや〜黒豆のお豆腐だなんて体によさそう!どんな味がするんでしょうね!

あと、ちょうど今のシーズンは秋のシイタケのシーズンのようで、シイタケを軒先で干しておりました。

hosi_shiitake.jpg

今年まではタバコも栽培していたそうですが、歳をとって大変になってきたから、もう今年でやめるとのこと。賞状もいっぱいもらったそうですが、タバコもキノコもってなると、とても忙しいんだそうで…ですから、来年から栽培するのキノコだけにするそうです。

「葉たばこの選別作業」
tabakochoshi.jpg

あと、干し柿もつくっておりましたが、その下で渋柿の皮も一緒に干しておりました。

goyo_nohosigaki.jpg

一体何に使うのかと聞きましたら…

「漬け物さいれんのよ!この前テレビでやってだがら試してみるんだ!」っとのこと。

「干し柿の皮天日干し」
kakinokawa.jpg

は〜なるほど!こうやってテレビで見て新しいことにも挑戦しているんですねっ(@_@;)

「は〜」とか「ほ〜」とかなんだかわからない相づちを打っておりましたら、帰り際に干し芋をいただきました。

hosiimo.jpg

「まだ、すっかり乾燥してにゃ〜ども、もってげ!」

ありがとうございま〜す!(@ ̄∇ ̄@)

kanenokura_teirhu.jpg

干し芋を囓りながら帰路につく大和魂でした〜(´3`)ゞ

yu-yakekoyake.jpg
posted by 大和魂 at 15:59| 岩手 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 五葉地区情報録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月16日

五葉まるごと体験ツアー開催!

10月15日、晴天!この日は五葉地区で『五葉まるごと体験ツアー』が開催されました!

当日は8時45分に五葉地区公民館(旧五葉小学校)に集合し、9時から開会式を始めました。

開会式では森の案内人や地元の協力者(火縄の里かあちゃん工房の皆さん)等の紹介と本日の日程を説明しました。

ちなみに参加者数27名!県内は遠くは盛岡、県外ですと宮城県からお客様がいらっしゃってくださったようで、まことにありがたいかぎりです。

『開会式』
kaikai.jpg

開会式の終了後、参加者の皆さんと一緒にマイクロバスに乗り込みました。そして、マイクロバスの中で森の案内人の方から一通り五葉山についての説明、注意事項(熊やハチ、蛇に関する注意事項)などを案内していただきました。

『バスの中で説明』
basunonaka.jpg


バスで桧山登山道入り口から桧山集落をすぎて20分ぐらい砂利道を進み、アスナロ山荘の駐車場に着きました。

駐車場に着いたらとりあえずみんなで準備体操!

『みんなで準備体操』
taisou.jpg

やはり、ちょっとした野山でも散策するときには準備体操は必要ですね。体操をしたら少し体が軽くなりました!

体操が終わったら班ごとに分かれて五葉山森林浴道を散策しました。

やはり五葉山の森林浴道も気持ちいいですね!種山ヶ原森林自然公園とはまた違った表情があります。じつはワタクシ、当日は早朝から腹痛に見舞われていたのですが、森林浴道を散策しているときにはすっかり忘れてしまっておりました。それほど気持ちよかったです。

『秋の森林浴道を散策』
sansaku.jpg

森林浴道を10分ぐらい進んだところにブナの広場があり、そこで父親の代からずっと五葉の森林を護りつづけている地元の方から五葉山のお話をしていただきました。

『ブナの広場で説明』
kiginosetumei.jpg

そして、その地元の方からせっかく五葉山に来たのだからちょっと珍しいものを見せてあげよう!ってことで少し寄り道をしました。

そんな寄り道をしているときに、なにやら瑠璃色に輝く甲虫を発見!

『瑠璃色に輝くコガネムシを発見!』
oosenchikogane.jpg

うお!一体なんだこの虫は!格好はコガネムシだが、光当たり具合によってメタリックな緑色や赤紫に輝く!すごく綺麗なコガネムシ!

これは貴重な虫に違いない!もしかしたら新種かもっ!っと思いつつ下界に戻って調べてみたところ、『オオセンチコガネ』というコガネムシの仲間。

このオオセンチコガネ…名前の「センチ」は雪隠(せっちん)、つまりトイレのことで糞を食する食糞性のコガネムシの仲間でした。つまり糞虫…するとダイコクコガネと同じフンコロガシの仲間なのかな?

五葉山はホンシュウジカが多数生息しています。それ以外にもニホンザル、ツキノワグマ、ニホンカモシカ等々。そんな野生の動物がたくさんいるわけですからその糞を掃除するセンチコガネがいても不思議じゃないわけですねぇ。

いや〜それにしても綺麗!惚れちゃいました!

そんなオオセンチコガネに心を奪われていると、班から少し遅れてしまったので急いで追いついてみるとなにやら倒木の前で参加者の皆さんが立ち止まっていました。

あら?いったい何を見ているのっと思ったらなんとサルノコシカケがモッコリとたくさん生えているではありませんか!

『サルのコシカケにギョッとする参加者』
saru_kosikake.jpg

おお!スゴイ!肉厚なサルノコシカケがこんなにいっぱい!噂に聞いたことのあるサルノコシカケでしたが、実際に生えているのを見たのは私も初めてでした。

そして、そこからちょっと丘の上に上がったところに異様な形をした木を発見。

『ブナの瘤』
bunano_kobu.jpg

どうやらブナが病気になった時にできた瘤のようですが、なんとも奇妙な形です。

それから少し丘を下ると、7日の暴風雨のために大木がなぎ倒されていました。かなりの大木のようでしたが、中はウロが出来ていて空洞になっていたので、おそらく弱っていた老木だったのでしょう。

『7日の暴風で大木がなぎ倒されていました』
taisou.jpg

この大木の他にも立派なヒノキやスギ、広葉樹なども根こそぎなぎ倒されていました。

風の通り道となった場所は、まるで巨大な蛇でも通ったように一方向になぎ倒され、見るも無惨な状態でした。

何十年に一度の大風だったようで…あらためて自然のすごさを感じさせられました。

それから、ふたたび森林浴道にもどり30分〜40分ぐらい散策して、ゴールのアスナロ山荘に到着。

アスナロ山荘に到着した後は、五葉のかあちゃん達と一緒に醤油団子づくりに挑戦!

『団子をみんなで丸める』
dango_dukuri.jpg

まず始め、粉を捏ねて団子の元になる米の粉の固まりを作ってそれを参加者の皆さんと一緒にちぎってちょうど良い大きさに丸めます。

簡単そうな作業に見えますが、ちょうど良い大きさにそろえなければならないので意外に難しい!っていうかコツがいりますね。

参加者のお子さんの中にはドーナツ型にしたり星形にしたりと色々と遊んでおりました。

さすが発想力豊かです。

『団子を茹でる』
dango_nabeyude.jpg

丸めた団子は熱湯で茹でます。湯上げるタイミングは、沈んでいる団子がぷかぷかと浮かんできたときです。

『茹であがった団子を湯上げる』
dango_yuage.jpg

浮かんできたらザルに湯上げます。

『しょうゆタレと絡める』
dango_shouyuduke.jpg

湯上げたら、その鍋に団子を戻し、しょうゆタレと絡めます。

絡め方はヘラをつかって絡めるのも良いのですが、鍋を振ったり回したりして絡めると、ちょうど良く全ての団子にしょうゆタレが絡みます。

この団子を絡める作業なのですが、ちょうどチャーハンを炒めるように団子を縦回転にして鍋を振ったり、横回転にしたりするのですが、これがなかなか難しい。挑戦させていただきましたが上手く振れませんでした。

でも、いっしょに参加していた60代〜70代ののおばちゃん達の手さばきは流石でしたね!

「あややや!なにやってんだれ!ほれっこうやって!ほいっほいっ!」って感じでリズミカルに団子を絡めていました。

 おばちゃん達はこういう時って俄然元気になるんですね…

『団子を串に刺す』
dango_kusisasi.jpg

団子にしょうゆタレがほどよく絡んで、少しだけ熱をさましたら、次は串に刺す作業です。

ただ串に刺すだけだと、ボコボコと不揃いになって綺麗に刺すことが出来ません。ちょうど団子の真ん中めがけて串を刺さねばなりません。

まあ、そんなことはお構いなしに、子供達といっしょに楽しく団子を串に刺させていただきました。

『団子完成!』
dango_kansei.jpg

さあ、串団子完成です!これは1班の串団子!おお!スゴイ数!たべきれるかな?

その他にも豆腐の味噌でんがくを作りました。

田舎ならではの岩豆腐を適当な大きさに切って、竹串に刺します。

『豆腐を竹串に刺す』
touhu_kusisasi.jpg

つぎに、表面が軽く焦げるぐらい炭火で両面焼いて身をキュッと締めます。

『岩豆腐をはじめに焼く』
dengaku_yaki.jpg

軽く表面を焼いて焦げ目をつけたら味噌を塗ってもう一度焼きます!

『味噌をつけてもう一度焼く』
dengaku_misoyaki.jpg

焼いていると味噌がちょっと焦げはじめて香ばしい香りが漂います!このころだいたいお昼の12時!さあ!完成!

『ナメコとムキタケのキノコ汁』
kinokojiru.jpg

ナメコとムキタケのキノコ汁と一緒にしょうゆ串団子、味噌でんがくをたらふくいただきました!

団子食べきれるかなと思いましたが、ワタクシがいた班では完食です!みなさんも美味しいのでガッツリいただいておりました!

 食後は、桧山地区に伝わる桂の葉っぱのお香づくりです。

『桂の葉っぱを使ってお香づくり』
okoudukuri.jpg

 桂の葉っぱを乾燥させて、手で揉んで粉々にして、これをお焼香のように火にくべるとと自然の甘いとても良い香りがします。

 単なる葉っぱなので、参加者のみなさんにウケが悪いのかなと思いましたが…なんと準備していた桂の葉っぱがガッツリ全て無くなるほどの人気でした!

 以上で今回の散策は終了となりますが、今回は何名かが五葉地区の方が森の案内人を務めていただいてたので、特別に火縄銃の鉄砲演武も披露していただきました。

『鉄砲演武披露』
teppouenbu.jpg

鉄砲の「バーン!」という轟音が鳴り響くと、参加者の皆さんが思わず「オオ!」っと声を上げておりましたね。

いや〜ナイスサービス!

五葉まるごと体験ツアーは、まさに五葉の魅力をまるごと体験できるツアーとなりましたね。

「次回もまた来たい!」という声が解散後もさっそく聞こえてまいりました。

わたくしも、来年は万全の体調で参加したいと思います。
posted by 大和魂 at 15:01| 岩手 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 五葉地区情報録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月02日

五葉山森林浴まるごと体験

五葉の魅力を体験してみませんか?

goyo_w4.jpg

大きな木々たちのたたずまいに圧倒される五葉山麓。

その裾野には、檜皮で作った火縄銃を伊達家に献上するなど、古くから五葉山の自然と深いつながりを持つ五葉地区の人々が暮らしをしています。

今回は、五葉山麓の緩やかな散策道を森の案内人と楽しむことに加えて、五葉地区のおじさまのお話に耳を傾け、郷土料理をお母さん方と一緒に作っていただきます。

 自然と田舎の魅力を同時に、地元の人々と一緒に体験してみませんか?

●日時:10月15日(日) 9:00〜15:00
●集合場所:五葉地区公民館(住田町上有住字中埣)
●持ち物:おにぎり・飲み物・雨具(カッパなど)・タオル・着替えなど
●服装:散策のできる服装
●参加費:2,400円(小学生以下無料・フィールド保険料込み)
●定員:30名
●締め切り:10月11日(水)までに下記へお申込みください。

(お問合せ先)住田町役場 産業振興課 五葉山森林浴まるごと体験係

       TEL 0192-46-2111(内線322)

*小雨決行。場合によってはプログラムを変更する場合がありますのでご了承ください。

goyo_w8.jpg
posted by 大和魂 at 15:44| 岩手 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 五葉地区情報録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月31日

久しぶりにカ沼に行って来ました。

五葉地区の地元住民も知っているようで知らない素敵スポット「カ沼」

1年ぶりぐらいで行ってきましたが変わってなかったのでとても安心しました。

今回は緑のふるさと協力隊の方々に自分がこの地区に魅入られるきっかけとなった場所を見せたくって連れて行ったわけです。

昨日はけっこう天気が悪くて雨が降っていたので今日はどうなるかなと思っていましたが、とても良い天気に恵まれて絶好の散策日和となりました。

kanuma_sawa.jpg

カ沼に行くためにはちょこっと獣道を進み鹿網ネットを潜って沢を渡らないと行けないのですが、行けばかならず「オオ!」とか「うわっ!」とか言っちゃいます(笑)

綺麗な薄い青い水を湛えているんです。そして、よく水底を見てみるとボコボコと水が湧き出ています。

そして、どこから来たのかわかりませんが岩魚が数匹泳いでおります。

地元の人に聞いた話では、昔この「カ沼」には主が棲んでいたそうで、なんでも大蛇だったそうです。

だから地元の人は誰もなかなか近寄りません。地元の人に「カ沼」に行くと言うと…

「はいやいや〜よぐあんな気味の悪いどごさ行ぐなっ。おらぁあんな気味の悪いどごさば行ぎだくね!」

っと言われちゃいます。でも、本当にキレイなんですよ〜!「沼」って名前がつけられているから黒緑っぽい水たまりをイメージしてしまいますけど、実際は湧き水の溜まり場所のような所です。

kanuma_8.31.jpg




posted by 大和魂 at 15:20| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 五葉地区情報録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月17日

手掴み最高!

8月12日、14日の2回にわたって五葉地区で『川遊び体験in五葉』が開催されました。

主催は五葉のGO君で、場所もGO君の家の前の河原でした。

12日は晴天とまではいかないまでも曇り時々晴れだったので、外で遊ぶにはちょうど良い天候となりました。

12日の参加者は東京から住田町に遊びに来ていた小学生・高校生、ふるさと協力隊の友人2名、大船渡の方々など約15名ぐらいの参加者が集まりました。

川に入る前に注意事項と魚の手掴みでの漁獲方法をGO君が説明しました。

「河原の石は滑りやすいので注意してください。水面に出ている石の上を歩くよりも、はじめから水の中を歩いた方が安全です。あと草むらなどには蛇などがいる可能性があるので、草むらを歩くときは十分注意してください…」

goyo_kawa1.jpg

「魚はこういった石の底の隙間などに隠れています。こうやって手を入れてみるといるかどうかすぐにわかります。もちろん隙間のない石の下にはいません。石の下に手を伸ばして魚をさわることが出来たら落ち着いて周りを網やザルなどで囲んでおいて魚をつかみましょう。」

「あわてると逃げてしまうので、あわてず魚をしっかりとつかんで網に入れましょう」

等々説明されました。

う〜んこんな浅い川の石の下に本当に魚がいるんだろうか?っと思っていましたが、実際にやってみると…

あ!いる!いるいる!

石の下を探ってみると魚の腹やしっぽを触れる!一匹じゃないぞ3匹…いや5匹ぐらいいる!すげぇ!(@□@;)

ってことで魚の手掴みに挑戦!

挑戦したもののなかなか難しい!つかんでもつかんでもスルリと逃げる。

んでもってなんとか一匹目を捕獲してみてみると、なんとその魚はカジカ!

『カジカの目の色は金色でした!』
goyo_kawa4.jpg

おお!今ではあまり見なくなってしまったカジカじゃないか!すごい!するとここの川はとても綺麗なんだ!?

キタ━(゚∀゚)━ッ!!

魚が実際に捕れることがわかると他の参加者の目の色が変わりました。特に森の案内人の菊池さんが凄かった!(笑)

「お〜い!いるぞ〜!こっちこい!網だ網!網をかまえろ!」

goyo_kawa2.jpg

いままではあまり濡れないように石の下に手を入れていましたが、皆さんだんだん熱中しはじめてずぶ濡れになりながらも魚を捕っていました。

かく言う自分もずぶ濡れです。しょうがないので上半身裸で魚とりをしました(^。^;)

最初はとても難しかったですが、慣れてくると一気に2匹片手でつかまえたり出来るようになりました。

う〜ん俺もプロだな(*´艸`*)(笑)

最終的にはカジカ・岩魚・山女などを30匹以上つかまえました。

goyo_kawa3.jpg

つかまえた魚のうちカジカは希少なので川に放して、他の山女や岩魚などはその場で腹を割いて内臓をとり、炭火で焼いて食べました。

いや〜楽しかったですね〜!(´∇`)

14日も参加しましたが、この日は16匹とやや少なめでしたが、それでも30cmを超える大きな岩魚など大物がたくさん捕れました。

参加者の皆さんもまさか自然の川で釣り道具や投網を使わずに魚を手でつかまえられるとは思ってもいなかったようです。

8月19日、20日も川遊びモニターツアーが大股地区で開催されますが、こちらも魚のつかみ取りのほかに、箱メガネづくりや水中観察、テント設営、火おこし体験等々もりだくさんの内容です。

スタッフとして参加することになりましたので、しっかりと取材してきましょう(^o^)/
posted by 大和魂 at 14:04| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 五葉地区情報録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月28日

五葉の桜植樹祭

今日は岩手大学の三宅研究室の皆さんと五葉地区の桜の植樹祭に参加してきました!(^O^)

前日の天気予報を見てみると降水確率80%で、こりゃ必ず雨だな!もしかしたら中止だなっ!っと思っていたら案の定雨!

しかもときより風が強く吹いたりする大荒れの天気となりました。

こりゃまず無理だろ?やらないだろう?(-"-;)っと思いましたが、一応集合場所の五葉地区公民館に足を運んでみると、車がたくさん停まっている。

エ〜!?やるんだ?(゜Д゜;)すげぇガッツ!しかも皆さん集合時間の8:30よりも全然早く来てて、植樹現場の六郎峠にむかっておりました。

少し遅れてきた三宅研究室の皆さんと一緒に現場にむかうと…そこはまるで土木現場!(*_*)

植樹祭というよりは捜索隊が桜を植えているような感じ!ひょえ〜!(゜Д゜;)

土砂降りの中みなさん張り切って頑張って植えている!

いやっマジ根性ってか…ガッツってか…すごい熱い!熱き住民魂!(@_@;)

遅れを取り戻すべく岩手大院生にカッパを手渡し作業にうつる。

されど、K村くんに手渡されたカッパは上半身しか隠れないタイプのカッパ!下半身はずぶ濡れだ〜!(T△T;)

ゴメンK村くん!けっしてねらったわけじゃないデス!f^皿^;

gandai2.jpg

そんなこんなで、三宅研究室の皆さんと五葉地区の皆さんと力を合わせなんとか約200本の桜を植樹する。

gandai1.jpg

最後に記念の標柱を建立し記念撮影、その後地区公民館に戻りました。

gandai3.jpg

地区公民館の体育館裏では地元の人達が「おめぇら、よぐ来たな!ほれっ肉食ってげ!ほれっほれっ!」っと今回の作業の労をねぎらい焼き肉を準備しててくれました。

五葉地区で焼き肉といったら鹿焼き肉!特製の焼き肉のたれで漬け込んだ鹿肉はおいしぃ〜!\(≧∀≦)/

そして鹿肉には脂身がほとんどないから超〜ヘルスィ〜!(人´3`)

gandai4.jpg

そんな焼き肉を腹一杯ごちそうになり皆さんと和気あいあいとしたふれあいの時間をすごしました。

んで、焼き肉終わった後にもお土産に鹿肉やらジュースやらどっさりいただいちゃいました!しかもハンパない量です!(笑)

今日は皆さんお疲れ&ありがとうございました〜!\( ´_ゝ`)/



posted by 大和魂 at 18:28| 岩手 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 五葉地区情報録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。